2009/02/11

Domino Administrator 8.5

Lotusphereも終了し、そこで出てきた気になることなどを少しずつチェックしているのですが、その中で1つ面白そうな新機能(見事なコネタ)を見つけたので、ご紹介しておきます。

Domino Administratorクライアントは、便利そうな機能を結構抱えていながらも、なかなか地味な機能が多く、もう少し活用されてもいいなと思っていたのですが、これもそんな機能の1つです。
現在のような形の管理クライアントは Notes R5.0から登場し、その頃から地味に地味に機能追加があったのですが、なかなか新機能が追加されていても目立たなかったりします。今回の機能も言われなければ絶対に気が付かないようなものなのですが・・・
Domino Administrator 8.5のファイルタブでは、「編集」→「コピー」のメニューがいよいよ使えるようになり、選択したDB(複数可)のコピーを行うと、その内容がテキストデータとしてコピー出来ます。Excelなど表計算ソフトにそのままペーストすることも出来るため、データベース管理にも役に立つことがあるかもしれません。
実は、このファイルタブも、最近のリリースでは印刷が出来るようになったり、と、少しずつ進化があるのですが、これもなかなか目立たないところがあるので、機会があったら使ってみて下さい。

2 件のコメント:

カトマン さんのコメント...

ベータ版のときに見つけたときから気に入っています、というか8.5でないとできないのをそのとき初めて知ってガッカリしたのを覚えています。サーバー上のDB、テンプレートの一覧をコピーしてExcelに貼り付けて管理資料として利用したり等など使い方によってはかなり重宝しそうですね。えっ、Catalogデータベースでもできるよっていわれる前に・・・Catalog動かしているところ結構少なかったりします(笑)

Yusuke Murakami さんのコメント...

カトマンさん>
自力で見つけられたのですか!すごいですね。でも、これくらい確かに昔から出来ていて欲しい機能ですが・・・。
そういえば、言われてみると、catalog.nsfを上手いこと活用しても、似たようなことが出来ますね。私はcatalogが好き、というか、正規の機能以外のポテンシャルに期待している派なのですが、ちょっと今後のヒントとして参考にさせて頂きます!