2007/01/25

Domino Designer in Eclipse

発表というわけではありませんが、 Domino Designer What's new のセッションにて、最後にMaureenが出てきて、将来のDesignerの紹介という形でデモをしました。

これです。画面も紹介されています。

Maureen's blog: surprise :-)

深い解説があったわけではなくて、簡単な紹介のみでしたが、見事に Eclipse 上で Domino Designer らしきものが動いており、 NSF の設計要素にアクセスしていました。
特に、コードを記述する部分で、Eclipseが使えるメリットは大きく、デモではLotusScriptエディタを見せていました(JavaとJavaScriptはまだ作ってないけれど、これは既存のを組み込むだけだから簡単だろうとのこと)。また、CSSやHTMLのエディタなども、ファイルのインポートだけでなく、リッチなエディタが直接使えます。大拍手で盛り上がっていました。残念ながら、これは Domino Designer 8 ではないそうで、その先のリリースになるそうです。

Domino Deisgner 8は普通に存在します。設計要素自体にはいろいろ拡張がありますし、Composite Applicationという新しい形のサポートもあるので選択肢も大きく増えていますが、基本はDomino Designer と同じです。

6 件のコメント:

NDOMINO-S さんのコメント...

次世代版DominoDesignerはNotes/Domin自体の存亡を賭ける重要な要素だと思う(少なくとも私はそう思っている)ので、是非とも正式発表してリリースをコミットして欲しいものです。

Notes/Dominoに関してIBM/Lotusは過去のSoulプロジェクトやGarnetエンジンみたいな撤回例やdb2storeみたいな直前に個別対応の前例があるのでユーザ側としては正式発表してくれないと不安なんですよね。

Yusuke Murakami さんのコメント...

ndomino-sさん>
ndomino-sさんらしいご意見ですね :-)
Garnetは私も激しくがっかりでしたが、Soulは一応リリースされました。JSFの技術なのでWebSphere系ででした。
in Eclipseには私も期待が大きいので、無事に出るとよいですね。

NDOMINO-S さんのコメント...

>Soulは一応リリースされました。

知っています。(これですよね。)

@IT:「VBの倍の開発生産性」というJavaベースの開発ツール、IBM初公開
http://www.atmarkit.co.jp/news/200311/14/ibm.html

当時、Notesの開発者の視点から見たら、この方向転向は裏切られたような気がしました。
このころは本当にNotes/DominoがWebSphereに侵略されているような話題が多くて、「IBMはNotes/Dominoを使っている客をWebSphereに移行させるためにLotusを買収したんだな。」と思ってました。

Yusuke Murakami さんのコメント...

ndomino-sさん>
そうですか。謝罪したらよいのか同意したらよいのかもわからない微妙な立場でこのブログにいますので、この話はここまでにさせて下さい。続きは、是非お会いしたときにお話しましょう。

NDOMINO-S さんのコメント...

使う側の視点から「その時はそう思った。」というというだけのことですので気にしないで下さい。。

過去に立ち上げられて無くなった構想自体は形を変えて実現されようとしているのではないかと思います。

Dominoサーバー+WebsphereApplicationサーバー統合---->db2store&Domino8+(Unified)
Soulプロジェクト---->Domino Designer in Eclipse

形変えても諦めずに実現させるIBM/Lotusの姿勢には敬意を評します。

Yusuke Murakami さんのコメント...

ndomino-sさん>
お気遣いいただいてすみません。いろいろとご意見ありがとうございます。